Windows11にwslを導入

windows11にwslを入れたときに調べたメモ

wslインストール

PowerShellを起動し以下コマンドを実行

再起動し、PowerShellで以下コマンドを実行し、「Linux 用 Windows サブシステム ディストリビューション」がインストールされているか確認

使用したいディストリビューションがインストールされていれば表示されるが、表示されてなければインストールをする。
インストールできるディストリビューションの一覧を確認

NAME FRIENDLY NAME
Ubuntu Ubuntu
Debian Debian GNU/Linux
kali-linux Kali Linux Rolling
SLES-12 SUSE Linux Enterprise Server v12
SLES-15 SUSE Linux Enterprise Server v15
Ubuntu-18.04 Ubuntu 18.04 LTS
Ubuntu-20.04 Ubuntu 20.04 LTS
OracleLinux_8_5 Oracle Linux 8.5
OracleLinux_7_9 Oracle Linux 7.9

ディストリビューションを指定してインストール

インストール実行したらあとは、Linuxが起動したらユーザ作成をして終わり。

wslデータ削除

コマンドで「wsl –list」を実行し、削除したいLinuxのディストリビューション名を確認。
「wsl –unregister ディストリビューション名」で削除を行う。

既定ディストリビューション変更

コマンドで「wsl –list」を実行し、既定にするディストリビューション名を確認
「wsl –set-default ディストリビューション名」もしくは「wsl -s ディストリビューション名」で変更を行う。
変更されたか確認は「wsl –list」で確認